心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査

当院では心臓カテーテル検査を行う事ができます。
胸部の痛みが気になる方はぜひご利用ください。
当院は心血管疾患、腎不全、生活習慣病を種とした循環器専門の診療所です。
心臓カテーテル検査、ペースメーカー移植術も行うことが可能です。

こんな症状の方には心臓カテーテル検査をお薦めします。

  • ・胸の中央が締め付けられるような痛みが30分以内で起こり、時に下あごや左肩にも放散します。
    ⇒狭心症などの虚血性心疾患が疑われます。
  • ・激しい痛み、冷や汗を伴うような激しい痛みが30分以上続く⇒心筋梗塞や大動脈解離が疑われます。
    病状がなくても心電図やエコーで、異常がみられた方も時に対象となります。

検査方法について

狭心症や心筋梗塞(虚血性心疾患)に対しその血管の状態を調べるため心臓カテーテル検査を行います。
虚血性心疾患の治療には大きく
  • ・薬物治療
  • ・冠動脈風船療法
  • ・外科的バイパス術
に分かれます。患者さんにとって最適の治療方針決定をしたり、病気に対する理解を深めるために心臓カテーテル検査をおこないます。

冠動脈造影:

心臓の筋肉を栄養する血管(冠動脈)を造影剤を使ってその狭窄(血流状態、細くなっている状態)の有無を調べます。

冠動脈インターベンション:

冠動脈の細くなったところや 詰まったところに風船やステント(金属の網)を入れることでその部分を拡張し血流を改善します。

検査方法

当院ではフラットパネルという最新のデジタルアンギオ装置を使って検査いたします。
まず、手や足の付け根からカテーテルを挿入します。検査は局所麻酔下で行い、約1時間弱で終了します。麻酔時局所の痛みはありますが、検査中、痛みはありません。検査後は数時間の安静と点滴が必要です。

合併症について

合併症には 血栓症やアレルギー、放射線障害、出血などがあり合計で1%程度ですがゼロにすることは残念ながら未だできていません。患者さんおよびご家族の方々は危険性をよく理解し検査に望んでください。私たち医療サイドは常に危険性を最小にするべく努めております。

お問い合わせはこちら

ご相談・お問合せは下記からご連絡ください。

098-855-8810

電話受付:午前9:00~12:00 午後14:00~18:00

休診日:日曜、祝日、木曜午後、年末年始、旧盆、慰霊の日

ページトップへ